天文教育フォーラム

テ ー マ

天文学は社会をリードできるか?  – 過去に学び、現在を把握し、未来を展望する

日  時

2013 年3 月20 日(水)16:30 〜18:00 

場  所

J 会場

概  要 : 

天文学は、自然科学としての伝統の中にありながらも、常に社会システムの一部として機能してきました。長い天文学の歴史を振り返れば、その関係は常に変化し続けています。過去の社会における天文学の役割と、現代の社会における天文学の役割では、共通する点もあれば、大きく異なる点もあるでしょう。天文学が急激に発展し、かつ、社会も大きな変化を遂げる現代において、天文学は社会に対してどのような価値を提案していけるのでしょうか。今回の天文教育フォーラムでは、過去における天文学と社会の関係に学びつつ、現在の状況を俯瞰し、未来に向けての展望を考えていきたいと思います。

プログラム:

  1. 「歴史のなかの天文学の役割」      (中村士/ 帝京平成大学)
  2. 「現代社会における天文学の役割(?)」 (嶺重慎/ 京都大学)
  3. 「人は宇宙から活力をもらえるか?」 (岡村定矩/ 法政大学)

参 加 費:

天文教育フォーラムのみの参加者は,年会参加費は不要です。天文学会年会受付で、その旨お伝えください。 

 

実 行 委 員:

高梨直紘(東京大学)、松本直記(慶應義塾高等学校)、篠原秀雄(埼玉県立蕨高等学校)、安藤享平(郡山市ふれあい科学館)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>